BLOG

当店の最新情報をお届けいたします。

ジャケットの生地と生地の間に入っている毛芯は、ジャケットの前身シルエットの形成、保形の為に用いられます。

毛芯は、大きく分けて総毛芯、ハーフ毛芯の二種類に分けられます。

ジャケットの主要な部分である胸元の立体感を保ちながら、より軽さを求めたい場合にはハーフ毛芯がオススメです。

総毛芯は、前身全体に入りますので、スーツ自体重くなりがちですが、長期間に渡り型崩れしにくく、復元力を保ちます。

スーツは前身の型がとても重要な要素となります。

毛芯を使うことによってより立体的なスーツになります。

about the author

Samurai